FC2ブログ

2007-06

百合 - 2007.06.29 Fri

lily.jpg

百合が咲いた。葉っぱが笹みたいだから笹百合の仲間だと思う。多分 園芸種で、何か かわいらしい名前がついていたはず。ロリーポップとかなんとか、、、もう何年も前に植えたのだけど、毎年初夏を告げてくれる。
とてもいい香り。茎が細くて可憐な雰囲気。
鉛筆でスケッチして、さっと透明水彩をかけた。

20070629195934.jpg

これは鉛筆のみ。
スポンサーサイト



菩提寺 2つの展覧会 - 2007.06.26 Tue

初夏の二つの企画展 アトリエ藍さんでの「布展」と彩芸楽での「町田忠史 パス画展」どちらも湖南市菩提寺。ご近所である。
藍さんと町田さんは秋ゆうゆう展でごいっしょさせていただいているメンバー。
藍さんの布展では、古絣 藍染布 草木染めのはぎれなど、色々な布がいっぱいで、ひとつひとつ見ているととても楽しい。リンクさせて頂いたので、ご覧ください。
nuno.jpg

私も少し買ってきた。表具にうまく使ってみたいと思ってるところ。
町田さんの作品は繊細なタッチの風景画。クレパスで描いておられる。子供の頃みんな使ったことがあるであろう あのクレパスで、こんなに繊細な微妙な色と表現が可能なの?と驚かれる方も多いのでは?
7月1日まで。お問い合わせは 藍さん ℡0748-74-0636  彩芸楽さん ℡0748-74-0114 

買っちゃった - 2007.06.24 Sun

doll.jpg

先週京都国立近代美術館で 「舞台芸術の世界 ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン」を観てきた。
舞台芸術にはまったく疎く、ロシアバレエのこともよく知らないので、一体どんな展覧会なのかよく解らないで行ったのだが、大変面白かった。ディアギレフ氏が20世紀初めにパリで旗揚げしたバレエ・リュス(ロシアバレエ団)に関する資料の展覧会。
舞台や衣装のための素描、当時の舞台衣装、記録写真などが展示されていた。どれも美しく、特にレオン・バクストによるデザイン画が良かった。「薔薇の精」のバレエの映像にうっとり。
出口で絵葉書や図録の他にロシアグッズの販売があって、前から欲しかったマトリョーシカを見つけて 買っちゃった!
20070624212326.jpg

みみちゃんと並ぶと小ささがよくわかる?

書道展 - 2007.06.24 Sun

hattori.jpg

ピスガこうせい にて ピスガホールギャラリー書道展 開催中。
服部玄湖書道教室の展覧会。楽しい展覧会だった。教室の和気あいあいとした雰囲気が伝わってくるような。
表具も楽しんで作っておられるのだろうと思う。のびのびした感じがする。書道展だけど墨で紙に書いたものだけじゃなくて、アップリケと刺し子で表現したもの、陶器に絵付けしたものなど多様。
30日まで。
服部さんとは秋ゆうゆう展でごいっしょしている。リンクさせてもらったので、「まさゆきと玄湖のギャラリー」もご覧ください。

尖 勉強会 - 2007.06.20 Wed

日曜日、日本画グループ 尖 主催の勉強会に参加。
京都芸術センターにて。 もともとは尖のメンバーだけの勉強会だった様だけれど、最近はこうして一般にも告知されて、会費を払えば参加できるようになった。たくさんの受講生だった。
今回は 染司よしおか五代目当主 吉岡幸雄氏による「天然染料について 万葉から江戸時代まで」という講義と、箔屋野口四代目当主 野口康氏による「箔の話 尾形光琳の紅白梅図の製作技法と箔加工の技法」という講義のふたつ。
 普段使っている材料について 専門家による詳しい講義が聞けて興味深かった。染料由来の絵の具は、私は表具仕立てにする作品や模写の仕事でよく使用している。
野口氏の講義では、3年前東京文化財研究所が発表した新説「紅白梅図屏風の背景部には箔の使用がなされていない」に反対する野口氏の自説が様々な資料を使って説明された。たいへん説得力のある考察だと思われた。流水部についても自作の復元試作を持参されていた。この問題に対する野口氏の情熱が伝わってくる講義だった。
古い友人にも出会えたし、楽しい一日だった。

お客様 - 2007.06.18 Mon

20070618211958.jpg

庭の地植えのパセリにやってきたお客様。これはアゲハチョウになるのだろうか?モスラっぽい。
パセリは大きくなって、レースフラワーみたいな花がいっぱいついてる。
20070618212012.jpg
 ちょっとわかりにくい写真だけど。
20070618212034.jpg
パセリの花とペチュニアをコップにいれて、後ろのバラは ピエール ドゥ ロンサール。最初の花は3つしか咲かなかったので、今年はダメだったなぁ と思ってたら、花の後、赤い新芽がいっぱい出てきて花芽もたくさん上がってきた。ウレシイ。
20070618212046.jpg
こっちは セプター ドゥ アイルの最後の花。

みみちゃん 続き - 2007.06.12 Tue

点滴に毎日通って、体重もちょっと戻って、小康状態のみみちゃん。
病院に連れてった日が2,1キロ 次の次の日2,7キロ それから3,1キロ。去年の秋 ワクチンしてもらう前に量ったのが3,8キロだったからまだ軽いけど。
本人?は体調悪かったのを忘れたように、ケロッとして見える。けど、腎臓が悪い状態なのは変わりない。
おとなしく毎日ほとんど寝てて、時々網戸を自分で開けて外に出てみて(すぐ帰ってくる)カリカリごはん食べている。
よく寝るのは猫だからだと思っていたのだけれど、具合がわるいからなのかなぁ。よその猫さんはもっと寝ないで動いてるのかなぁ。
点滴は1日おきでよくなった。腎臓が悪い子用のえさを注文した。ちょっとでも長生きしてほしい。

みみ - 2007.06.07 Thu

20070607232719.jpg

 日曜日、夜。うちの みみちゃんの元気がない。
 月曜日、朝。「おかあさん、みみちゃんおかしいで」と息子。あらためて見てみたら、すごーく具合悪そうで、毛もバサバサ。持ち上げてみるととても軽い。 ギョッとして朝一番で獣医さんに。
 血液検査の結果、重度の腎不全だったことが判明。
 「いますぐ死んでもおかしくない数値です。」との先生のお言葉にうろたえてしまった。脱水症状もひどかったのでとりあえず点滴してもらって、うちに連れ帰った。
 なんで?いつから?もう死んじゃうの?
 まさかの展開に、帰宅した子供達もびっくり、しんみり。
 、、だったのだが。 みみちゃんは強かった。
 点滴に毎日通って今日で4日。毎日少しづつ元気を取り戻して、今日は自分で棚の上に飛び乗ったり、目を離した隙に階段を下りて 網戸を開けて外に出かけたりできるようになった。 猫の生命力ってすごい。
 まだしばらくは点滴にも通うし、いきなり腎臓が良くなってるとも思えないから注意は必要だけど、生きててくれる。生きてるって、すごいな。ホント、生きてるって ありがたいな。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

古橋美鳥

Author:古橋美鳥
滋賀県在住 絵を描いてます  

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する