FC2ブログ

2007-09

第7回 秋ゆうゆう展 チラシできました - 2007.09.26 Wed

1.jpg

第7回 秋ゆうゆう展 のチラシができました!
10月26日(金)~28日(日)の三日間、滋賀県湖南市菩提寺地域で開かれます。 私は 陶(菩提寺窯)の粟津寛楽さん、漆の栗本夏樹さんと一緒に西応寺さんで展示させて頂きます。
10月2日(火)~31日(水)、ケアハウス ピスガ甲西の「ピスガホールギャラリー」で、秋ゆうゆう展のメンバーの小品展も開かれます。
どうぞみなさん いらして下さいね。
スポンサーサイト



みみちゃん近況 - 2007.09.21 Fri

20070921173834.jpg

うちのみみちゃんは、毎日よく寝ています。秋になっても暑い日が続いてるせいか、またやせてしまいました。
療養食(腎臓の悪い子用のごはん)が、美味しくないんでしょう。あまり喜んでたべません。それで、以前はこんなことしなかったんですが、最近は台所で流しに入り込んで食べ物を物色しています。
20070921173851.jpg
流しのふちに上手に乗るんです。
20070921173906.jpg

夕方料理を始めると、台所にやってきます。流しに入り込まれると料理できないので、床におろして魚のはしっこや鶏肉のはしっこをちょっぴりわけてやると、美味しそうに食べてます。でも食べ方が下手で、ポロポロこぼしてしまうと はなちゃんがサッと食べてしまいます。はなちゃんにも分けてやりつつ、みみちゃんに食べさせてます。はなちゃんはろくに味わいもしないで飲み込んで もっともっと欲しそうにしますが、みみちゃんは一口、一口、アンニ、アンニと良く噛んで飲み下し、少しで満足するとサッと立ち去ります。対称的な二匹です。
20070921180145.jpg

(いつだって いっぱい食べたいはなちゃん)

マンゴスチン - 2007.09.19 Wed

mangosteen.jpg

スーパーの果物売り場で見つけて。
深い色だなぁ、描いてみよう と。
なんだか柿に形が似てるから、描きにくかったです。
どうやって食べるのでしょう??事典には「パイナップルに似て 美味」とありますが、割ったら中がパイナップルみたいになってるのでしょうか?? 

お悔やみ - 2007.09.16 Sun

日本画家の高山辰雄氏が亡くなりました。
とても尊敬していました。学生の頃 日月星辰 と題された個展を観て感動しました。 数年前、東京の小川美術館で開かれた 聖家族 と題された展覧会を観に出かけました。たくさんの、家族が描かれていました。深い、静かな絵でした。 昨年の日展での作品は、一人 険しい道を行くかのような人物像で、作家自身の姿なのだろうか と思いました。
お会いしたことは勿論ありませんが、同じ時を生きていることが嬉しかったです。 寂しいです。
ご冥福を 心からお祈りします。

花 咲きました - 2007.09.14 Fri

20070914223925.jpg

この花、なんていう名前でしょう? 
7月だったかなぁ、留守にしてて帰宅したら玄関前にポット苗が二つ置いてありました。どなたが下さったのやら、何の苗なのか ???
しばらくポットのまま置いておいたのですが、植えてやらないと育たないなぁ と。とりあえず植木鉢に植えてやりました。
未だにどなたが下さったのか分かりませんが、咲きましたよ!かわいい清楚な感じのお花です。上品な薄紫色。朝開いて、しばらくするとポトッと落ちてしまいます。高さは60センチくらいです。
名前の分かる方、教えてくださると嬉しいです。

読んだ本 - 2007.09.12 Wed

近頃読んだ本 「ゲドを読む」プロデュース糸井重里  「反自殺クラブ」石田衣良  「憑神」浅田次郎  「有元利夫 と 女神たち」美術出版社 
 「ゲドを読む」は本屋さんに置いてあったフリーブック これはアニメのゲド戦記の広告用の本らしいのだけれど、中には原作のゲド戦記について 中沢新一、河合隼雄、清水真砂子他そうそうたる方々の文章が載っている。知に触れる、というかんじ。自分も賢くなったかのような気分に。 河合隼雄さんの文章は楽しくて、わかり易くて、なーるほどぉ と思わせてくれて 好きでした。亡くなってしまわれて、本当に悲しい。
 ゲドの言葉に「ただ、わしらだけは幸いなことに、自分たちがいつか必ず死ぬということを知っておる。これは人間が天から授かったすばらしい贈り物だ」というのがあるのだけれど 「人間はいつか必ず死ぬ。だが、限りある命ゆえに輝かしいのだ。」と言うのは「憑神」の主人公 別所彦四郎。月並みな言葉みたいに見えるけど、この言葉に至るまでに 笑わせてくれて、ほろりとさせてくれて、江戸末期という時間のなかで 主人公を輝かせて見せてくれる浅田次郎さんの手腕はさすが。軽く読めて、楽しい。
 「反自殺クラブ」は池袋ウエストゲートパークシリーズの一冊。表題作からステキなせりふをひとつ 
「心が豊かになるなんて、おれには偉そうでいえない。でも、話のネタくらいにはなるし、誰にもいえないほど悲しいことがあったとき、ひとり切りのあんたのそばで音楽はきっといっしょにいてくれる。
 芸術はどれほど高貴だろうが、あんたの無聊をなぐさめるためにある。そうではないと偉そうにいうやつは、ただ蹴り飛ばせばいいのだ。」
 若くて亡くなった後も、その作品で私たちの無聊を慰め続けてくれる有元利夫さん。美術出版社編のこの本は大判で、図版もたくさん載っている。作家自身の言葉もたくさん載っていて、嬉しい。 
 今回感じ入った言葉 「うまく説明出来ませんが、「造形の原理」とでも呼べるものが絶対にあるという気がするのです。それはかなり正確な原理のはずで、どんな時代にどんな人が作ったものでも、それにのっとっていれば素晴らしいものとして残れるのではないでしょうか。」
 
 毎日まいにち 色々な食べ物が私の体を作ってくれるように、 雑多な書物が私を作ってくれる。 マンガも好きですよ~。 

今尾栄仁 個展 - 2007.09.10 Mon

今尾栄仁さんの個展ーほとりー 名古屋市中区栄3-25-39 Sakae South Square 2F 万画廊(よろずがろう)にて。
万画廊さんのオープン企画展。Sakae South Square はブティックがたくさん入った真新しいお洒落なビル。万画廊さんに入るとneatという言葉が浮かびました。端正な空間。 透明感のある今尾さんの作品がピタリとはまって。
ひとつの壁面には、0号やサムホールの小さな作品がバラバラに いいかんじで掛けてあって、面白い試みだと思いました。 水や、大気といった形のないものが描いてある中に、ポッと描かれた樹や人。スッと絵の中に入っていける優しさ、の様なものを感じました。

今日は今尾さんとも、画廊主さんとも、ゆっくりとお話できて良かったです。今尾さんは大学の先輩。 私は今、ギャラリー恵風での展覧会以降 考え続けていた表現上の問題の答えがやっと見つかりかけていて、今日はそのことを自分で確認する良い機会になりました。
今尾さんのホームページ「水の記憶」http://www.eonet.ne.jp/~eijin/

展覧会行ってきました - 2007.09.06 Thu

守山市立図書館で 町田忠史パス画展。 滋賀ガイドhttp://www.gaido.jp/clickalbum/detail.php?ID=1020&gaido_code=1でも紹介されてます。クレパスで描かれた滋賀の風景。どこかあたたかで、懐かしい感じがします。 14日まで。
京都 祇をん 小西で 清水志郎 陶展。 これが陶?人が作った物じゃないみたい!という感想。化石とか、大理石とか、溶岩とか、そんな物にも見えるんです。すごく自然物を感じさせる造形。とてもおもしろい。9日まで。
帰りに山科でJRに乗ったら 窓から大きな二重の虹が見えました。くっきりして鮮やかな虹でした。今日はいいものをたくさん見れて、ああ、よかった。

いもつる - 2007.09.04 Tue

20070904131715.jpg

捨てられる部分だけど、美味しいんですよ。おいもの蔓、ん?つる じゃなくて茎?だろうか。つるからのびた、葉っぱまでの部分です。
(写真右) 実家の父の家庭菜園で、さつまいもの収穫のついでに刈り取って送ってくれたものです。
蕗と同じように、一度ゆでて、皮をむいて料理します。けっこうめんどくさい。なにしろ細くて じょうぶにできてますから、皮むきの時いつも爪と皮膚の間を傷めてしまいます。 
 でもせっかく送ってくれたからなぁ。と、ゆうべ料理しました。(写真左)ちくわと一緒にきんぴら風の炒め煮です。ちょっと甘みがあって、苦味もあって、美味しかった!父に感謝。

第7回 秋ゆうゆう展 始動 - 2007.09.03 Mon

mimi.jpg

 第7回 秋ゆうゆう展 に向けて、8月中にメンバーが集まって話し合いがありました。今年は10月26(金)~28(日)の三日間、滋賀県湖南市 菩提寺地域のギャラリー、工房、お寺等で開催することに決定です。工芸、絵画、書など様々なジャンルの作品展です。
 これからチラシを作ったり、あちこちに広報をお願いしたり、もちろん作品も作らなくっちゃ。
 私は今年、猫の絵を展示する予定。小さな作品もいくつか。 去年の個展で展示したタブローも少々。 西応寺というお寺で展示させていただきます。お庭もきれいなお寺なんですよ。10月最後の金、土、日。もう、ちょっと肌寒い頃かな。遊びにいらしてくださいね。
 ゆうゆう展にあわせて、ケアハウス ピスガ甲西の ピスガホールギャラリーで 「第7回秋ゆうゆう展メンバーによる小品展」 も開かれます。10月2日から31日まで。メンバー全員が一つづつ作品を展示します。こちらもお楽しみに。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

古橋美鳥

Author:古橋美鳥
滋賀県在住 絵を描いてます  

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する