FC2ブログ

2007-11

みみちゃん - 2007.11.30 Fri

20071130223610.jpg

みみちゃんの具合が、またよろしくありません。
もう1週間なんにも食べてないんです、、、。この写真は少し前、とってもよく食べれて、調子良かった時のものですが。
20071130223625.jpg

寒くなり始めて、はなちゃんと並んで電気ストーブの前にいた時です。だいたいいつも冬はこうして仲良くならんで一番暖かい場所にいるんですけど。 ここ1週間はじっと一人でお布団で丸くなってます。
お医者さんにも通って、点滴とか注射とか、いろいろ手をつくしてもらってるんですが、、。
スポンサーサイト



展覧会 - 2007.11.22 Thu

先週見てきた展覧会から二つ。

「麻谷 宏+川村 悦子 展」 京都市左京区 ギャラリー恵風。
麻谷宏さんは現代美術造形作家、川村悦子さんは具象洋画家。お二人の作品が並んだギャラリー恵風には、硬質な 澄み切った空気が満ちている感じがします。
 入って正面の壁には、お二人の共同制作作品が。二人展 というのもあちこちで観るのですが、ここまで両人で制作された作品を観ることはあまりなく、驚きました。これが何の違和感もなく、ひとつの作品として成り立っているのです。響きあう ちから。お二人ならでは、のことと思います。

「畠中 光享 作品展」 京都市中京区 平安画廊。
日本画家、畠中光享さんの作品展。タブロー、エッチング、素描の展示。それぞれに興味深かったのですが、いちばん心を惹かれたのは素描でした。鉛筆で描いてあるのですが、画家の目と心の痕がくっきり記されているようで。 

どちらも25日の日曜まで。

球根の植え付け - 2007.11.16 Fri

先日、やっと秋植えの球根を植え付けました。
なかなかできなくて、気になっていたんです。
今年は国華園の通信販売で、たくさん球根を買いました。カタログを見ると色々ありすぎて 迷うこと数日、、、。結局よく知ってる花を選んでしまいます、、。クロッカスに、ヒヤシンスに、チューリップ。
クロッカスは春の早い時期に、可憐に咲くちいさな花が愛しい。おひさまの光を集めたような黄色が、あの寒い日々にはとても嬉しい。
ヒヤシンスは、香りがいいんですよね。 色はいろいろをまぜて植えるのが好き。
チューリップ、これは種類が多くて迷いました。アンジェリッケははずせないでしょう。あと、ピンクダイアモンドも好きだし、ゆり咲きのバレリーナなんかもかわいい。フレーミングパロット、ゴージャス!セットで買う方がお得だけど、、、。と、迷う時間も楽しみのうち。
水やりが足らないと背が低くなるんだとか。土しか見えてない時も水をやらなきゃいけないんですね。なるほど。
春が楽しみ。 

猫絵 - 2007.11.12 Mon

neko.jpg

秋ゆうゆう展で展示した猫絵です。これは地域のボスみたいな子。
neko2.jpg

こっちはブチ模様。たらしこみ、という水墨の技法です。ちょっとすました猫ちゃん。

秋の展覧会 - 2007.11.09 Fri

最近行ってきた大きな展覧会ふたつ。
 京都国立博物館 狩野永徳展。
 期間の後半はすごく人が多いだろうと思って前半の平日を狙って行ったのですが、それでも入場まで1時間並びました。 でも並ぶだけの値打ちはありましたよ。国宝5点、重要文化財9点を含む名品がずらり。
 はじめの方に展示してあった水墨画がとりわけ興味深かったです。聚光院の花鳥図襖。迫力ありました。 洛中洛外図は人だかりがすごくて、ゆっくりとは観ることできませんでしたけれど、ひとつひとつ丁寧に描かれた家屋や人々の様子は楽しめました。 唐獅子図屏風、大きい!壮大、というんでしょうか。これぞ桃山、という感じですね。国が動いていくエネルギーを、為政者の近くで感じてきた絵師の渾身の作。作家もまた歴史の中に在るのですね。あの時代でなければ檜図屏風も生まれなかったかもしれないですね。

 京都国立近代美術館 カルロ・ザウリ展
 不勉強で、カルロ・ザウリ という名前も知らなかったのですが、イタリア現代陶芸の巨匠です。
 こちらも見応えのある作品が並んで、行って良かったです。1960年台に制作された 大きい球体、大きな白い壊れた形態などが1970年代以降の塔、翼のある立方体などにつながっていく流れが見えて興味深かったです。 大きな 自然 と題されたオブジェ越に背の高い 塔 が3点展示されているのを観ることができ、光線の具合などもとても美しい展示だと思いました。
 オブジェに比べると、壺などは小さな作品ですが、こちらも味わいのある美しいものでした。
 世界の チカラ みたいなものを感じました。陶というのは土と火からうまれるものだから、なおさらかもしれません。

別々の日に行った展覧会ですよ。いっぺんに両方見たらいっぱいいっぱいになっちゃいますから。 幸福ですね。今の世で、桃山の権力者の館を飾った絵を観て、また別の日は遠くイタリアの作家の作品を若い時代から代表作まで追って観る事ができました。

猫絵 - 2007.11.05 Mon

neko3.jpg

猫絵 後ろ姿の猫です。ぽったりしたおしりがかわいいでしょ。
neko4.jpg

こちらは正面むきで、なんだか笑ったような、、。

猫絵 - 2007.11.01 Thu

yu-cat1.jpg

秋ゆうゆう展で展示した猫絵。水墨画です。
パネルに貼りこんで、表具風に布を貼っています。この「表具風」にすごく手間がかかるんですね。 実は夫の全面協力のおかげで仕上がりました。yu-cat2.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

古橋美鳥

Author:古橋美鳥
滋賀県在住 絵を描いてます  

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する