FC2ブログ

2011-03

4月 - 2011.03.31 Thu

明日から 4月。
先週にも雪の日があったり、なかなかすんなり暖かくならないですが、いよいよ 4月。

上の息子は 明日からアニメーターのお仕事です。
甥たちのお守りに いっとき帰ってきてたのですが、先日帰京しました。
甥たちも 一緒に東京に戻りました。
小さい人たちが居なくなって 静かで寂しいです。  孫が帰ったあとのおじいちゃんとおばあちゃん みたいになってましたが、

自分の仕事もほっとけない 昨日は徹夜で描きました。
いつもはあまり夜描いたりしないのですが、今度の絵では3回徹夜してます。
不思議と昼間 絵の中に入っていけない。なんででしょう?
昼間 なかなか進まない仕事が、午後3時くらいから 見えてきて、夕飯作りとかで中断した後 
見えてるときに描かないと と、夜中をすぎ、朝まで になってしまう。
徹夜で仕事! ってすごく働き者みたいですが、その後昼間寝るので ちっとも偉くないんですが。
こんな不規則なことができるのも 子どもが大きくなったから。
スポンサーサイト



避難 - 2011.03.22 Tue

東京に住む妹の子ども 3歳と8歳の男の子が、おばあちゃま(妹のお姑さん)と一緒に 我が家に避難してきています。
地震の後に、大きな余震がある といわれてたのを恐れて のことだったのですが、日にちが経つと原発が大変なことになり、 

厳しい状況の中 大変な思いで放水にあたっておられる方々には頭が下がります。
どうかご無事で 
そして 被災地の方々 お見舞い申し上げます どうか一日も早く生活が取り戻せますように。

小さな子どもが居る生活は 久しぶりのこと。にぎやかです。
我が家の子どもが小さかったときを思い出して 公園やら 温泉のプールに連れて行ったり 子供向けの雑誌を買って付録を組み立てたり  


ご無事で - 2011.03.15 Tue

金曜日、勤務先の電話で他の教室の先生と話していたら なんだかゆらゆら。
滋賀では ゆらゆら 程度だった地震が 北の広い範囲であんな災害になっていたなんて。
東京に住む息子が「まさかそっちは揺れてないよね」と、メールをくれたので、あちこち揺れたんだな と思ってはいたのですが、夜までレッスンでテレビもラジオもなかったので 帰宅するまでその被害の大きさがわかりませんでした。 
津波に火災、さらに原発事故  被災地の方々のことを考えると胸がふさがれる思いです。
なんとかご無事で と祈るばかりです。

ここでは こんなに普通に毎日が過ぎているのに。

一方、子供達をお預りしている間にもし同じような災害がおこったら と考えるとひやぁっとします。
再度、緊急避難場所とか、お母さん達と確認しあわないと。と思っています。

作品2点 - 2011.03.11 Fri

東京で展示した作品です。

花夢ミニ      タイトル「花夢」  25センチ×60センチ 


白く咲くときに ミニ  タイトル「白く咲くときに」 25センチ×60センチ

背景に、墨の滲みを生かして制作しました。透明感を大切にしたかったので、アクリル絵の具を水で薄め、膠と墨を足したものを彩色に使ってます。
人物、銀のウネウネは、いつもの手法ですが、今回人物もやわらかい印象に仕上がるよう、描線の色などに配慮しています。

木津川アート - 2011.03.07 Mon

木津川アート 京都府木津川市で昨年代1回が行われたアートプロジェクトです。
私はこのプロジェクトを知らなかったのですが、ある人に「昨年行って大変面白かった、古橋さんも出してみたら」と、教えていただいて。
調べてみたらもう2011年の公募をされてる。
で、昨日は「ぶらりアートな空間探しツアー」という催しがあり、参加しました。

木津川アートの事務局の方と、参加しようかな という作家達と、木津川のあちこちを巡って 展示空間になりそうな場所を探す という一日です。

八木邸1  ここは昨年も展示された八木邸です。

 八木邸2   燃料小屋、米倉などが並んでいます。

八木邸3  米蔵の中です。 かっこいい空間です。
後でこちらで尺八の生演奏を聞かせていただきました。良かった。

展示するとなると、照明が気になるところですが。雰囲気はすてきです。

八木邸4

お昼に、ボランティアスタッフのみなさんがふるまってくださったトン汁と巻き寿司です。美味しかった!

他にもいろんな場所を見てまわりました。
古い歴史のある町ですから、面白い場所がたくさんです。
でも、日本中のいろんな場所と同じで 開発が進んだり、古い商店の並びには空き家が目立ってたり、廃墟化してる場所も。
そこに日常住んでいる人達には 特別なスバラシイ場所じゃないかもしれない所を、アーティスト達の目を通して 作品発表することで 発見! してもらう という意味も、このプロジェクトにはあるんでしょうね。

昨年行った小豆島 瀬戸内アートの会場でした。
地元の人たちと、アートを見て回るお客さんを作品がつないでるのが素敵でした。
ここでも、見守り隊 というボランティアのみなさんの手助けがあるようです。
いいなぁ  審査があるので、展示できるか? は、わかりませんが、展示したいなぁ。

ライオン - 2011.03.03 Thu

3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)
(2010/11/26)
羽海野 チカ

商品詳細を見る


面白いよ と、勧められて買い始めて はや5巻。
将棋はさっぱり解らないのですが、そこにしか生きる道がない と一途にうちこむ桐山君に共感します。
5巻で 高校の先生に「桐山 お前・・・将棋やってて楽しい?」と尋ねられて桐山君がフリーズしてしまう。という場面。  わかるわぁ。  
もう何年もいっしょにいるんだから判ってるんだろうに、いまだに時々夫が尋ねるんですよね。
「絵描いてたら 楽しい?」
フリーズします。  頭の中ではグルグル
「色々迷惑もかけてるし、協力もしてもらってるし、やっぱり ウン!タノシイッ! って言わなきゃいけないんだろうな」
でも 楽しいか?と尋ねられたら、 ちがうよなぁ
じゃあ 楽しくないのか? と聞かれたら、 そんなことはない。やっぱり楽しくなくはない。

今日も、遅々として進まない画面と格闘しながら 自問「描いてたら 楽しい?」
けっこう しんどいよ  ごめんね。 

描いてますよ~ - 2011.03.01 Tue

かんじんの自分の仕事ですが、 描いてますよ~
100号スクェア でっかいなぁ。
日本画の絵の具は粒子があるから、絵の具を溜めて描きたい時は 床にペタッと置いて描きます。
立てかけると流れた絵の具がマチエールをつくるので、それが面白い効果になるところもあるのですが、
そればかりでは仕上げられない。
日本画のセンセイ方の制作風景を写真で見ると、長い板のようなものに乗っておられる。
のりいた と呼んでましたね。多分 乗り板 ですね。
私は持ってません。 座布団を重ねて、絵の上にそ~っと乗ります。
時々ミシッっていいます。こわ。

今週はアルバイトが外国人の先生の週だから、教室に行かなくてもOK
落ち着いて制作できます。
今週がんばって進めていかないと。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

古橋美鳥

Author:古橋美鳥
滋賀県在住 絵を描いてます  

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する