FC2ブログ

2020-04

面白かった - 2009.09.04 Fri

吉原手引草 (幻冬舎文庫)吉原手引草 (幻冬舎文庫)
(2009/04)
松井 今朝子

商品詳細を見る


第137回直木賞受賞作品 なるほどの1冊でした。
吉原 おいらん といわれても、どんなものだかよく判らない私のような読者にも、最初から読んでいけばどんな場所なのかなんとなく判るように、書いてある。親切。
読み進むにつれて、2重3重に謎が生じて、最後には きちんと胸がすく解き明かされかたを。
吉原で生きるさまざまな人たちが抱えたそれぞれの人生を通して、よのなか にあるやりきれなさ を描き出します。
でも、全体に暗くない。むしろ明るい。
それぞれの場所で生きる一人一人が 腐らないでまっすぐに どこか かろみ をもって自分の ぶん を懸命に生ききっている。そんなかんじがしました。
とりわけ魅力的なのが話の中心にいる花魁 葛城。
あぁ いちどでいいから葛城花魁の道中 おがんでみてぇもんだ。と、思いましたよ。江戸弁で。

不思議だなぁ。ほんとにここにいる人じゃないのに。


スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://torinomidori.blog76.fc2.com/tb.php/283-9b951b6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おみやげ «  | BLOG TOP |  » 合作下図

プロフィール

古橋美鳥

Author:古橋美鳥
滋賀県在住 絵を描いてます  

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する